長くつらい若白髪日記

私が白髪に出会ったのは確か小学5年生の頃でした。後頭部のうなじ付近?に出現してきたのです。
(あれ?俺の頭に白髪がある!)
でもそんなに気にしてはいなかったのですが、周りの小学生はやはり気になるみたいで、もの珍しいのかちょくちょくかまわれましたね。
白髪なんてあると嫌〜なあだ名をつけられちゃいます。(じいさん)(爺)とか。私の他に自分以上に白髪があった子がいたので自分にはそ
んなあだ名はつかなかったんです。
中学生、高校生になったらもちろん白髪は増え続けました。実はその頃は鏡を見て後頭部に側頭部に生えてきた白髪を切っていました。どうしても黒髪まで切ってしまうので、なんか禿げたようになってしまうのですごいいやでした。
それから社会人になって、結婚もして子供もできて会社でもある程度の地位になるとストレスが増してきます。
今真っ只中です。白髪が後頭部に側頭部に頭全体 にかなり広がってしまいました。もはや白髪だけ切ることなどとんでもない量になっています。
手に負えないので今では白髪染めを使用しています。実は私の髪 質は硬いので、白髪染めクリームに表示している染める時間では白髪がちゃんと染まりません。ですから五分のところを私は30分くらいの時間染めていまし た。しか〜し!これが失敗でした。
二週間に一度のペースで白髪染めをしていたら、額の両端?がなんか薄くなってきたのです。
まだ私は35歳です。まだまだハゲたくはないんです。やはり染める時間は適度に守らないといけないんだなと痛感しました。
みなさん白髪染めクリームは説明書に記載してる通りになるべく使用しましょう。

自分で染めるの難しいこともある

私が白髪染めをするようになったのは40才を越えてから父親も白髪が多かったなあと思いつつ、やっぱり遺伝かと思いました。
店で染めてもらう余裕もないの で市販の白髪染めを使っています。メンズビゲンを使っていますが、真っ黒も重そうなのでダークブラウンを使っています。

自分でも気になるところは襟足、もみあげ部分が白い物が目立ってきて嫌でした。白髪が目立つとなんか年を取ったなあと感じる場所です。
始める前に耳周辺、もみあげ付近、襟足部分の皮膚に私 の場合、リンス剤を塗って着色を防いでいます。油性のクリームでもいいかと思います。
大きなシミみたいになってしばらくお出かけが出来なくなりますからね。
手袋をはめていざ染め始めますが、自分で染める難しい場所はやはり後頭部です、合わせ鏡でもあればいいのですが。

以前、友人に後頭部の仕上が来にムラ があることを指摘され特に注意しています。時間が経って洗髪しますがタオルも色が移ってもいいタオルで拭いています。
濃い目の色のタオルがいいですね。

仕 上がりをチェックして満足いく結果でしたら、なんか若がえった気分になって外出したくなります。しかし、どうしても不満がいくつかあります。それはもみあ げ部分がなぜかすぐに色落ちするような気がします。

なにかいい方法を見つけないと。白髪を染めることで、外見だけではなく体力もつけて若さを保とうと努力 する励みになります。

ライトな白髪染め

元々若白髪の傾向でしたが、歳も40台半ばを過ぎた頃から白髪染めを意識し始めました。
しかし、髪を染める事に対してなんとなく抵抗があった為、特にすることはなかったのですが、散髪屋で「白髪ぼかし、やってます」との張り紙があり、内容聞いてみました。

本格的な白髪染めは、地肌にもダメージがあるが、それよりマイルドな染めなので、ダメージは少ないし、どっちにしろ時間がたつと根元は白くなる。
という事と、値段が1500円と手軽だったので試しにお願いしました。

特に肌へのダメージとかは、比較したことが無いので特に気になりませんでしたし、仕上がりも白髪がほとんどなくなっているので、個人的には満足の結果でした。

ヘアースタイル自体もあまりこだわりが無く、禿げても日替わりで、カツラないしウィッグで楽しめれば面白いし、散発代も無くなると考える位でしたので、老けてみえてしまう白髪を金額的に対処できる「白髪ぼかし」は私の中でヒットしました。

今は大体、月1での散髪に対して2回に1回ほど、この白髪ぼかしを実施しています。
妻が自分で染めるのは面倒と聞いた事がありますので、2月に1回 1500円の値段での染めで納得できる人なら十分だと思うので、私はお勧めします。